読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずベッドの上を片付ける

切迫早産からの育児ブログ(に、する予定)。旦那と怒涛の三人暮らしライフ。

入院(ラブ)ストーリーは突然に 37th

入院日数が2ヶ月を超えた。

今日もまた、隣のベッドの褥婦さんが退院していった。
褥婦さんたちは入れ替わりが激しい。
まあうちの切迫部屋に入る褥婦さんは早産の方ばかりのようだ。
この病院は母子同室だから赤ちゃんがそばにいないということはそういうことなんだろう。


自分は、入院当初は退院したくて仕方なかった。
あと2ヶ月半の入院生活に絶望していた。

しかし、今、いざ今週退院するであろう時になって怖気づきだしてしまった。

明日(35w4d)で点滴を止めてみるとのこと。
それでお腹が張ったり陣痛が来たりしなければ退院できますとのこと。

私が出産予定の産院は36週からの受け入れだから明日点滴を止めて火曜、水曜と様子をみて36w0dの木曜で退院って感じなのだろうか。

明確に日にちを指定されたわけではないからわからない。

なんとかおちびちゃんには持ちこたえてもらって37週で産みたいものである。



心配なのはここまで頑張ってきたのだから37週で産んで早産から抜け出せるのか。

もうひとつは食事についてである。
もともと食事に制限をかけたダイエットなんてしていなかった。

妊娠前は好きなものを好きなだけ食べて、歩きたいだけ歩いて、毎日ウエストひねりや腹筋、ストレッチや呼吸運動を続けていた。

しかし妊娠となると運動はだいたい不可。食事制限での体重管理になる。

やったことない。

好きなものを好きなだけ食べてきた私は無知だったからとりあえず食べる量をかなり減らした。

1日500キロカロリーも摂ってなかったと思う。
それだから脳の満腹中枢が壊れてしまい1日中食物のことばかり考えていた。
そして満腹感が無いため無限に食べ続けて、吐いてしまい、自己嫌悪に陥り食べなくなる。お腹は減るため1日中食物のことを考える。
しかし耐えられなくなり食べてしまう。そして満腹感が無いため…と無限にループするのだ。



脳は他の臓器と違いブドウ糖しか使うことができない。
他の臓器は筋肉を分解して動くことができるみたいだけど、脳だけは違う。

脳はブドウ糖が極端に足りなくなると普段とは違う回路を使用してなんとかブドウ糖を摂取しようとする。それが1日中食物のことを考える

そんな食事制限にプラスして3時間のスパルタウォーキング、5階にあるオフィスまで階段での昇り降り、旦那との頻繁な生セックスなど。

これらが複雑に絡んで私は切迫早産になったのだと思う。


入院して食事を毎日毎日管理してもらえるのはありがたかった。
しかし、体重は増え続けているので不満は残ってはいるけれど。
まあ栄養バランスはばっちりだし食べときゃ便秘にもなんないし。

しかし、退院が目の前に迫り、また自分で体重管理、もとい食事制限しなくちゃいけないの、かなりキテる。
妊娠特有のホルモンが作用して太りやすくなってるんだと思う。しかたない。

運動できるなら楽なんだけどなあ。
人間の3大欲になっている食欲をコントロールするの、結構きつい。
しかも妊娠中て食欲増すんでしょ?
なんかおかしくない?


しょうがないけど。
多分産んでしまえば治るのでしょう。
おちびちゃんの為なら我慢できる。

退院したらビュッフェ行こうとか、お餅食べたいとか、あの店のケーキが食べたいとか、いろいろ考えていたけど、やめないと。

せっかく臨月まで耐えたんだ。
臨月は更に太りやすいらしい。
しかし臨月だし、ということで気を抜いてしまう妊婦さんが大勢いるとか。

私は後期で5キロ増えた。それまで妊娠前とプラマイ0だったからトータル5キロの増量。

これを最小に抑えるためには食事に気は抜いてられない。
37週からならいつ産まれても問題ないならそこで産みたい。
食事制限はもううんざり。あと早くおちびちゃんに会いたいのよ。


今日は病院の検診日だったらしく、懐かしい人と会えた。集団検診なのかわからないけどこの病院で共に入院を耐え、産んで退院したいわば戦友が、可愛らしい赤ちゃんを抱いている姿はグッときた。

つい最近ほかの戦友も無事に帝王切開で出産し、今日から歩行が許されたとかで廊下で会って聞いた。
彼女もまた可愛らしい赤ちゃん抱いてニコニコしていた。

私も早くおちびちゃん抱っこしたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

はやく、37週になってくれないかなあ。
まあその前に退院なんだけど。

無事に点滴を外して、無事に持ちこたえて、無事に退院して、無事に自然分娩でおちびちゃんに会うんだ。

予定日まであと32日。ほぼ1ヶ月。
37週まではあと11日。
最短でついに2週間きっている。ドキドキだ。

いつ産まれるかはわからないけど、37週に産まれてきてくれよな。
ママはそれまで頑張るから、おちびちゃんも頑張るんだよ。
一緒に頑張って、一緒におうちに帰ろうね。
おちびちゃんだけ入院なんて嫌よ。
ママと一緒に帰ろうね。

入院(ラブ)ストーリーは突然に 36th

なんとか35週に足を踏み入れることができた。


昨日の午前中、エコー後に頸管長も問題ないということで点滴の濃度を落としてからたいしたお腹の張りは無く。

本日で無事に35週に到達できましたおめでとうおちびちゃん。

看護師さんたちも35週を祝ってくれた。
長かったですねー、あと少しですよって。

なんて優しい白衣の天使たちよ…

私より入院が長い人は割といるから「いやーほんとに長かったっすわーまじでつれーのなんのって」みたいに言ったりしない。

たった2ヶ月ちょっとの入院でブースカ言ってたらみっともないじゃんね。


で、昨日も言われたけど退院について。
とりあえず濃度を落として様子見ましょう。
36週になったら点滴を外します。

ただ、経過が良ければ週明けに点滴を抜いてみることもできます。内服にして大丈夫そうであれば次の日退院でもいいかなー。とのこと。

話が出た時は退院が純粋に嬉しかった。
嬉しかったけど、今、だんだん不安になってきた。

おちびちゃんには37週以降で出てくるように話しかけてはいるけれど。

なんだか張りも増えてる気がする。
午前中につけるNSTではなんの反応もないから大丈夫だと思うけど。

看護師さんも36週越えれば大丈夫っていうけど、やっぱり37週以降に産みたいなあ。
ここまできて早産のレッテルを貼られるのよ。


早産でもおちびちゃんに問題が無いならいいけど、私の願いは正規産の37週~で産んで一緒に退院すること。

旦那の車で、もしくはタクシーか、もしくは実母に乗せられ帰るべき場所へおちびちゃんと共に帰る。

里帰りするかもしれないし、しないかもしれない。
わからないけど。


とりあえず来週末。早くて来週頭、長くても再来週には退院することになるだろう。

それから元の産院への入院準備したり、職場に行って用事を済ませたり、なんだかんだしてるうちに37週になっておちびちゃんが産まれて来るのだろう。

陣痛が来たら嬉しいだろうなあ。不安もあるだろうけど、ミスドとかコンビニスイーツとかアイスやジュースがやっと食べられる。

実家からはがんづきとおにぎり、地元のケーキ屋のケーキを持ってきてもらおう。楽しみが止まらないな。


あと泣いても笑っても2週間で退院する。
予定日まであと1ヶ月と少し。

元気でかわいいおちびちゃんに会えるまで、もうすぐ。
ママは頑張るよ。
おちびちゃんも37週まで、お腹で遊んでてね。
ママも、パパも、みんなおちびちゃんに会うの楽しみにしているよ。

正産期に元気に産まれておいでね。

入院(ラブ)ストーリーは突然に 35th

ここ2ヶ月の入院、初めて変化が訪れた。

最近毎週水曜日にエコーをやってもらっている。今日のそのときのこと。

主治医「明日で35週ですねぇ、点滴減らしてみましょうか」

今までリトドリンの点滴は流量が6だった。
今日で34週6日だから36週の退院に向けてちょっと流量を下げてみようとのこと。

切迫早産の人はご存知リトドリン(ウテメリンジェネリックらしい)は低い順に3、6、9
12。これを超えるとマグセントというかなり強い薬を点滴するらしい。

マグセントは別名妊婦殺しと呼ばれるほど副作用が強いとのこと。怖すぎる。


私はなんとか最小のリトドリンの流量3に落ち着いた。
これで週明けまで様子を見る。
36週になる木曜で点滴を抜く予定ではあるが経過が良ければ週明けすぐに抜いてみることも考えましょう、大丈夫そうであれば次の日あたり退院…との話だった。

おっ、なんだか急展開だ。
今まで入院見舞のお返しについてノータッチだったがとりあえず送る人の住所を調べることにした。
早くて来週退院なんだから今週中には住所を集めておかないと。


この病院、何事も突然だからドキドキするけど、そのほうがいい。
何日も前から退院ね、なんて言われたら待ち遠しくて時間が長く感じる。

長いと見せかけてハイ来週退院ね、の方がサプライズ感あるしなにより思ってたより短くなるかも!というのがいい。
まあ、人それぞれだろうけどね。


でも、不安でもある。
今まで2ヶ月ちょいずっと流量6で来ていた。
一段階減らせたのは嬉しい。今のところ強い張り返しもないから大丈夫だろうけど。

点滴を抜いたら大丈夫だろうか。大丈夫だろうけど。

点滴は36週に抜けるからそれから一週間、おちびちゃんにはお腹にいてもらわなければならない。
いくら36週で臨月とはいえ、いくら産んでも問題ないとはいえ、早産扱いになるのはちょっと悔しい。

できれば37週でつるんと出てきてほしいところ。

なんとか退院の見込みが出てきたようだ。
この2ヶ月、過ぎてしまえばめちゃくちゃあっという間でびっくりする。
過ぎてしまえば、だ。

あと1週間は少なくても病院のお世話になる。
長くてもあと2週間。

病院の朝ご飯のふわふわの食パンが食べられなくなるのだけが心残りだが、多分アパートでも電子レンジで軽くチンすればふかふかになるだろう。

体重は相変わらず1週間に1キロずつ増えているが家では食パンや納豆ご飯、豚汁で生きていけば大丈夫だろう。
納豆は塩分を排出するカリウムが豊富だっていうじゃない。
ほうれん草入り納豆ご飯にしよう。

こう考えると退院が楽しみだ。
退院して1週間でおちびちゃんが産まれる(予定)。
陣痛が来たら好きなだけ食べよう。
ミスドを買ってきてもらう。夜であればコンビニによって甘い物や飲み物を補給しよう。

実家からは地元のケーキ屋のケーキを持ってきてもらおう。
楽しみだ。


当初は退院したらスイパラ行ったり寿司行ったりする予定だった。
しかしね、もう、やめだ。
あと少しだから我慢することにした。
陣痛が来たら好きなだけ甘いものが食べられる!
魅力的な時間だ。

だから37週になったら毎日ウキウキしながらおちびちゃんが産まれるのを待つんだろう。

会いたいのと、好きなだけ食べられるのと。
やっとおちびちゃんに会える。
一番近くにいるのにあなたの顔さえはっきり見たことがないのよ。

早く37週にならないかなあ。
明日で35週。とりあえず36週で退院してから入院着を洗濯したり、産院に行ったり、会社に顔を出したり。
そして37週〜で産んだあとは産後のリフォーム用品と頂いた結婚兼出産祝のお返し手配。

忙しいけど充実した毎日。
おちびちゃんとの生活は期待と不安であふれちゃいそう。

期待の方が勝っているから今はただ楽しみだ。
36週の退院もだけど、37週~の出産、早く来ないかなあ。

ママは、毎日、指折り数えてあなたを待ってるよ。
37週以降に会いましょうね、おちびちゃん。

入院(ラブ)ストーリーは突然に 34th

妊娠、出産は奇跡であること。


自分の周りの人はみんな経過が順調だったみたいで普通の妊娠、出産をしていた。
会社の先輩で一人切迫早産になった人を聞いたがほんとにさらっとだった。
「私切迫早産になってさ、だから無理しちゃダメだよ」みたいなの一言言われただけ。

だから妊娠すれば産まれるもんだと思ってたの。
みんな普通に陣痛が来て産んでるのしか聞いたこと無かった。
帝王切開なんてドラマの話かと思ってた。


みんな妊娠、出産を甘く見てんじゃねぇぞ!!!!!!!!!!!!
ありゃあ奇跡の連続なんだ!!!!!!!!!!!!
誰もが何事もなく過ごせるなんて思うな!!!!!!!!!!!!!!!!


まあこれを見てる人は同じような人ばかりだろう。経過が順調な妊婦や妊娠していない人はこんなブログ見てないはずだ。

どっかのブログでも書いてあったけど、切迫早産で入院して初めて他の切迫早産患者のブログみたりするんだよね。
健康な妊婦は切迫早産なんて調べませんからね。

私も経過が順調だったころは切迫早産なんて気にしなかった。
周りの人も無理しちゃダメだよばかりで気にしなかった。
まあ無理しちゃダメだよって言っときゃいいだろ、みたいな。
その先を教えてくれる人は誰もいないし、調べようともしなかった。


いざ入院してみると、トラブルを抱える妊婦の多いこと多いこと。
頸管が短い人、前置胎盤、子宮破裂、妊娠高血圧症、妊娠糖尿病…

双子でただ単に管理入院の人もいた。その人たちはなんともないからスッと産んでスッと退院していった。

トラブル妊婦はたいてい1ヶ月を超える入院になる。知ってる中では2月からはや4ヶ月くらい入院している猛者もいる。

しかも病棟が満室らしい。
トラブル妊婦なのかただ外来の健康な妊婦の出産が重なってしまったのかはわからないけど。

見たところ早産の人が結構入ってきたような。

私の部屋は切迫早産部屋だったが早産褥婦さんも今入っている。
搾乳器の音が聞こえてくるから。


病院にいるとね、周りがみんな患者だからかもしれないけど、妊娠出産てほんと奇跡で、何事もなくすんなり産んでる人は神様みたいに見える。

まあ実際選ばれし健康妊婦だったんだろうけど。

私は切迫早産で済んで良かったと思っている。戌の日にお参りに行ったからこそ、これで済んだ。


ほんとね、甘く見ている人が多いよ。
人一人殺すこと以上に人一人産みだすことの重大さを知った方がいい。


もっともっと特集組んで注意喚起しなよ。
なーにがマタ旅だよ。ディズニーランドだよ。
旅行先でトラブルあって行ったこともない産婦人科に駆け込んだとか。
ディズニーランドで救急車呼ぶ大半は妊婦だとか。

出かける奴らも出かける奴らだよ。
まあ何事もなく過ごせればいい思い出になるけどね。
運が良いだけよ。そんなの。

切迫早産になって初めて色々知識を持った。
健康な妊婦の時は知らなかったけど、かなり大事な情報や知識だ。

人間、百聞は一見にしかずというか、体験してみないとわからないよ。
どんなに説明してもピンとこないよ。
麻薬だってそうだ。
中毒なって初めてやばさがわかる。

マタニティクラスとか、母親学級ではこういうのも取り入れてほしい。

食事のやり方やおっぱいマッサージも大切。
沐浴や授乳も大切なんだけどね。

母親になること、甘く見ちゃいけない。
人一人産みだして育てること、甘く見ちゃいけない。

「大丈夫だから、産めるから、みんな産んでるから」なんて、一人一人みんな違うのに気安く言うもんじゃない。
そりゃああなたがなんともなくすんなり産んだからそう言えること。

切迫の辛さは同じように切迫になった人しかわからないだろう。

偉そうに言ってるけど、私は頸管が短くて切迫早産になってるから妊娠糖尿病や妊娠高血圧症、長く入院している人や帝王切開を控えた人の気持ちはわからない。

人間分かり合うのは無理だなって実感するね。
同じ女性で同じ妊婦なのにわからないことあるもん。
こりゃあ男と女なんて一生分かり合えないだろうな。


とりあえず今日は母親になることの奇跡について語りました。
私はしっかりおちびちゃんを産んであげたい。
37週の正規産で、何事もなかったかのように。

10ヶ月間、大事に育ててきた、私が世界でたった一人の、おちびちゃんの産みの親になるんだ。
産みの親は私だけなのよ。
どこにもいないのよ、世界中、宇宙のどこ探したって。

37週以降に会いましょう。
たった一人のあなたのママより。

入院(ラブ)ストーリーは突然に 33th

病院食以外の物を食べることについて。


最初絶対に病院食以外は食べないと決めていた。
3月17日からの入院生活、太りたくない、を合言葉にだいたい半分の4月19日。

その日は会社の先輩がやってきた。
お菓子を携えて。

愕然とした。
食事制限あるからとあれほど伝えていたのに伝わっていなかったらしい。
「他の人にわけてね〜」とのこと。

先輩が帰ってからフタをあけた。
シャトレーゼのお菓子だった。
カステラ4つ、パイ2つ、ビスキュイワッフル2つ、梨恵夢という焼き菓子6つ。

わりと大きな箱に入っていた甘いお菓子たち。
3月の入院から毎日甘い物が食べたくて食べたくて泣きながら耐えていた私が、他の人にわけるなんて、どうしてもできなかった。

気づいたら無心で食べていた。
気づいたら全部なくなっていてテーブルにはお菓子の空き袋が散らばっていた。

あんなにたくさんあったのに。
15分くらいで全て、一人でたいらあげた。


それから次の日、しっかり尿糖で引っかかりました。
順調に一週間で1キロずつ体重が増えているのもあって看護師に病院食のみを言い渡されました。


しかしね、ある日、おやつが来ない日があった。
その日はワッフルの日。
楽しみに楽しみにしていた。

おやつの時間になると、おやつを入れる箱がカタンカタンとぶつかる音が廊下から聞こえてくるからすぐわかる。

四人部屋だから一人ずつ配られるワッフル。
しかし、私のところには来なかった。
一時間待っても音沙汰なし。
空になったおやつの箱をいれるボックスを覗いてみても私の名前が書いている箱は無かった。

今でも謎だが忘れられたらしい。
その日はポッカサッポロのプリンシェイクと明治ミルクチョコレートスティックパックとかいうチョコを買ってセルフおやつにした。

これが2回目の病院食以外の食品。

3回目、つい最近、隣のベットの彼女が退院のさいにくれたミルクキャンディー4つ。

そして今日。
隣のベットの人がお見舞いにいただいたどら焼きのおすそ分けをいただいてしまった。
たくさん頂いたらしく、生菓子だし食べきれなくて困っているとのこと。

ありがた〜く頂きました。

3月の入院から計4回。
しかも後半に集中してスイーツを摂取している。
まあ4回中3回はいただきものなんだけどね。

いやあさあ、毎日甘い物が食べたい欲求と戦っているわけ。
だから朝ごはんもパンに変更したの。
パンなら甘いジャムがついてくるから。

元々食べることが大好きで月イチでパフェやら生クリームモリモリパンケーキ食べたり隔週で食べ放題とか行ってた。

定食屋行けばご飯大盛り、牛丼屋行けば特盛り頼んでいた私が病院食だけなんて酷な話よ…


まあ2ヶ月も病院にいれば体が適応してきたのか、最初は足りなくて泣きたかった食事も足りるようになっては、来た。

しかしね、目の前に甘い物出されたら抗えなかった。
今日頂いたどら焼きなんてもらって3秒で開封してかじりついた。
ずっっっっと食べたかった和菓子が体にしみるのがわかる。
最高だった。



人間の三大欲求は
睡眠欲、食欲、性欲。

3つのうちどれか2つが充実していればあと1つはあまり気にならなくなるらしい。

つまり食欲を抑えたければしっかり睡眠を取りつつ性欲を満たせばいい。

性欲を抑えたければしっかり睡眠を取って満足するまで食べればいい。ということ。

私が抑えたいのは食欲だが、睡眠は夜に取ればいい。しかし性欲だけはどうにもならない。

ただでさえ切迫早産で入院しているのに、そんな真似できるわけがない。

本当はえっちな動画を見ながらクリトリスをいじいじしたり、上の口と下の口からよだれを垂らしながら指をおまんこに挿れてめちゃくちゃにかき回したりしたい。

オナニーでイクときに「ああ〜イッちゃう!イッちゃうっ!えっちのくにっ、キップ持ってっ、イッちゃうよお…きもちいいっ、アァっだめぇ!えっちの国はぁ、どんなにえっちしても妊娠しないっ、えっちするためのくにぃっ、○○くうんっ(旦那)、な、中に出してぇっ、ドピュドピュ中に欲しいよぉっ、あんっ、いやっ、おなに、きもちくて、おかしくなるっ、ひいっ、えっちのくにっ、イッちゃうあああああああああんっビクンビクン」ってやってる。一人で。


セックスでもいい。
旦那と抱きあってちゅっちゅ。服を脱がせあいながらぎゅうぎゅう抱き合いながらディープなキス。
大好きを連呼しながら体を触りあう。
固くなってきた旦那のを口に含みながら私のびしょ濡れおまんこセルフいじいじ。
旦那におまんこぐちゅぐちゅしてもらってから挿入。
ぐぐぐ…とヌレヌレおまんこに入ってきて、ずにゅ、ずにゅ、と硬いちんことヌレヌレおまんこが擦れる感覚は本当に素晴らしい。
好き。好き。と言いながらお互いバスバス腰を振るから臀部からパンパン音がする。
「○○くんのちんちんきもちいよぉ…もっとずぼずぼしてぇ…好き…中に欲しいよぉ…」
みたいなセックスしたい。


すごいリアルに書いたなあ。
ちょっと引くわ…


入院中オナニーやセックスできれば暇つぶしになるし気持ちいいだろう。大部屋のカーテンで仕切られたスペース。いつくるかわからない看護師に開放的な窓。
濡れたおまんこを見せつけるように、セックスならヌレヌレおまんこに硬いちんこがヌプヌプ出たり入ったりしてるさまを見せつけるようにやりまくるのに、おちびちゃんが心配でやりたくない。

オナニーはしたいけどオナニーよりもっともっとおちびちゃんの方が大切なのだ。



大好きな旦那との大切なおちびちゃん。
あと1ヶ月と少しで予定日。
退院まであと約2週間ってとこだろう。

ママになるのに性欲や食欲に負けるもんですか。
産後にいっぱいおまんこくちゅくちゅすればいい。
陣痛来たときに好きなだけ食べたらいい、ミスドとか。

大事な、大事な、おちびちゃんを守るためにママはしっかり病院でお世話になるよ。

今日は34週4日。
退院の36週まであと少し。
早ければ来週の終わりに退院できる!
遅くても6月2日までは退院できる!

それから37週でおちびちゃんに会うんだ。
1番近くにいるあなたに、やっと会えるよ。
楽しみ楽しみ。

入院(ラブ)ストーリーは突然に 32th

点滴はなんとか4月10日から差し替えなくすんでいる。

36週で点滴は外れる。といってもスポンッと抜けるのか、それとも36週入った時点から濃度を下げだすのかわからない。

36週で退院は確実みたいだ。私は彼女のように34週で退院する望みは完全に断ち切られたがそれで良かった。

ぎりぎりまで助けて欲しいし、なにより朝食のパンがフワフワで温かくてすごくおいしい。
あと3週間しかフワフワの食パンを味わえないのは寂しいくらい。

まあ点滴は最近なんとも音沙汰ないからいいんだけど。
しかし、点滴がたまに漏れる。
先週針を支えるテープを貼り替えてもらったのにもうびしょ濡れになってところどころ剥がれかけている。

今見たら普通だけどさっきはちょい針が抜けかかっていたように見えた。

なんとか押さえつけて超応急処置。
いつ、貼り替えてもらおう?

明日お風呂だから貼り替えてもらうとしたら明日。
痛みはないけど、「もう1ヶ月経ってますし差し替えますかね〜」みたいに言われたらやだな…

36週0日までは今日を含めて13日。
うわ、結構長い…いや、2週間きってると考えたら短い短い。

来週長いなー
来週の月、火、水が長いなあ。
木曜までくれば35週になるから気持ちも楽だし。

とりあえず点滴持たせたいな!
毎週採血あって針刺されてんのに点滴の差し替えなんて怖いなあ。

看護師さんたちも毎週採血あるし点滴の差し替えはかわいそうだから極力もたせてあげたいみたい。優しいな。

点滴もやっと慣れてきた。
だんだん右手も普通に使えるようになってきた。
前と違い痛くないのだ。
この最高のルートは大事にしたい。
なんとか退院、いや点滴外すまで頑張ってください。




そして、旦那と育児について。

元々旦那は子供について肯定的というか前向きだ。
名前をいち早く考えだしたのも私じゃなくて旦那。
かわいく写っているエコー写真を携帯で撮って待ち受けにしてるくらいだ。

私が26週で切迫早産になって赤ちゃん用品の準備ができなくなって旦那に買ってきてほしいものリストを送って買ってきてもらった時の話。

選んでいるうちにいろいろ父性?がわいてきたのかわからないけど子供の誕生が一層楽しみになったらしい。

しかもなんか私より肌着に詳しい気がする。
無関心よりは助かるけど。


世の中のパパ、無関心だっていうじゃん。
まあ仕方ないよね。実感ないだろうし。

いくら奥さんがつわりでゲーゲー言ってるのを目の当たりにしても、安定期で恐ろしい食欲を持て余すのを目の当たりにしても、後期になってお腹が急激に膨らんできたのを目の当たりにしても。

仕事や趣味、もしくは学生で勉強に忙しくしてれば(まあ、学生で子供作る奴が勉強で忙しいとは思えないが)奥さんに構う暇無いだろうし実感できるわけがない。

するチャンスもないし、する気もないんだろうね。
そして、だいたい奥さんを怒らせるわけ。

つわりで苦しいのに家事やれとかね。
俺は忙しいんだってね。

家事も仕事なんだけどなあ。
確かに好きに時間を使えるけどさあ。

子なし専業主婦なら家事やらなきゃだけど、産まれたての新生児の子育てしながら家事とか無理でしょ。

仕事と育児だったら仕事してたほうがまだ楽だって、育休取った男の先輩が言ってたよ。

まあこう言っても理解のない形だけのパパは「そいつの仕事がぬるいだけ。俺のほうがきつい」とか思うだろうね。

体験してみないとわからないよね。
こういう奴が産後クライシスになるんだなって思う。

これで奥さんが別れを切り出して旦那が泣きつくパターンと奥さんが我慢して発言小町や知恵袋に書き込むパターンがあるみたいだけど。

明らかに前者がいいに決まってる。
馬鹿な形だけの父親なんて最悪な結末にならないと気が付かないのよね。

だから結婚する前にお金を貯めて、いざとなったら一人で生きていけるように法律作りゃいいのに。

一人で暮らせないから旦那と離婚できません(泣)
離婚しろとか実家に帰れ以外の方法無いでしょうか?

とかいう質問が多くてバカじゃないかと思う。
じゃあ裁判しかないじゃんね。


その点、うちは助かっている。当たりを引いた。
確かに仕事が忙しくて子供には構ってやれないかもしれない。

ただ、家事もまあまあできるし、子供も好きだし、つわりや体重制限等に理解のある男だから大丈夫だろう。

旦那の周りに子持ちが多いのもあるかもしれない。
恵まれて良かった良かった。
いざとなれば、の貯金もある。


これから、出産にむけて頑張ろう。
あと3週間みっちり入院して休養を取って、37週でおちびちゃんに会えるまで。
ママとパパは頑張るのです。

入院(ラブ)ストーリーは突然に 31th

隣のベットの彼女が今日退院してしまった。


朝にカーテン越しで退院の手続きの話をしていたのを聞いていた。
診察を受けてお腹の張りが検出されなかったらしく今日の午後に退院とのこと。

私がお昼を食べてゴロゴロしていると声をかけられた。
餞別に水と飴をもらった。
彼女とはあんまり話せなかったけど一番病室を共にした戦友だから自宅に帰っても安静に頑張ってほしい。

それからしばししてトイレに行こうとカーテンを開けてちらりと見たらもう片付いて出た後だった。
急に寂しくなって彼女がくれた水と飴を見て泣きそうになったけれど大人だから我慢した。

まあ最悪、彼女の旦那が同じ会社だから調べれば一発だし。
同じくらいの週数だからまだ無理せず頑張ってください。ありがとう。


さて私は今日採血と頸管長チェック、おりもの検査があった。

彼女はこれの後、問題が無いので退院、という話しになったようだけど私は一切話がこない。

採血は問題ないらしいけど、それ以前に旦那と二人暮らしで自宅安静ができないし、この大学病院で産むわけでもないし、今住んでいるアパートから大学病院が遠いし、なにより受け入れ先の産院が36週からの妊婦しか扱っていないからだと思う。

まあ最大日数の36週6日までいるとしてもあと20日。
上膳据膳の生活は長くてあと20日しかないと考えるともったいない気もしてくる。
毎日暇でしかたないけど。

思い返せば、私どうやって2ヶ月過ごしてきたか覚えていない。
ずっと携帯電話をいじっていた記憶。
少しだけ漫画読んだり、少しだけゲームしていたけど基本的にずっと携帯電話をいじっていた。

今日からついに恐れていた速度制限もかかってしまった。
Wi-Fiの7GBがなくなってしまった。
あとは3G回線が5GBあるけれどまだ使いたくないしなあ。
23日くらいから3G解禁したい。
退院間近は絶対にウキウキしてインターネットやりまくると思うからだ。

旦那は課金して追加しなよ!とかいうけどなんでそんなことに金をかけなきゃいけないのよ。
ちょっと我慢すりゃ済む話よ。これだからブルジョアは!

今はすごくたこ焼きと屋台の焼きそばが食べたい。
今まで甘い物ばかり欲していたけど朝をパンにしてジャムで甘い物欲が満たされたかジャンキーなものが食べたい。

異様な程じゃないから食欲も正常に戻ったようだな。
まあ今病院支給のおやつのスイートポテト2つとラブレに加えて彼女からもらったミルク飴4つ一気にボリボリ噛んでしまったから正常に戻ったかはイマイチ謎。

与えられたら食べちゃうんだよなあ。
自制がひとつも効いてない。
退院してアパート帰ったら大丈夫かなあ。あればあるだけ食うし。

病院の食事は給食みたいに運ばれてくるだけだからおかわりとかできないし諦めもつく。
お見舞いに食料を持ってくるなと言ってあるからそもそも手元にないし。

アパート帰ってから怖いなあ。
旦那はお菓子とか買い貯めるタイプだからポテトチップスとかグミとかあったら根こそぎ食べないように気をつけないとほんとにやばい。

…やっぱりぎりぎりまで退院しないほうがいい気がする。
気はつけるけど。臨月ってぐんぐん体重が増えるし甘い物が食べたくなるとかいうじゃん。

しかも臨月に増えた分は母体の脂肪になるとか赤ちゃんの脂肪になるとか。
赤ちゃんの脂肪はまあいいけど母体につくのはやめてほしいな~。

だから36週までしっかり病院で管理してもらって37週で陣痛に耐えつつおいしいもの食べてつるんと産むのが理想なんです。

でもこればっかしはおちびちゃんと神のみぞ知るセカイ
母体は祈るしかないのです。

しかも母体の何十倍も胎児の方が痛いとかいうじゃん。母体がどうこう言ってどうするのよ。

おちびちゃんと一緒に頑張りましょう。
2ヶ月耐えたんだからあと20日くらいちょろいちょろい。