読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずベッドの上を片付ける

切迫早産からの育児ブログ(に、する予定)。旦那と怒涛の三人暮らしライフ。

入院(ラブ)ストーリーは突然に 13th

入院すると思ってなかったので色々スケジュールを立てていた。


4月はこれを食べよう、5月はこれを食べよう、6月はこれを食べよう…食べ物ばかりだ。
他にもちゃんと肌着を買わないととか家を片付けないと、とかプランを練っていた。が、いきなり入院を命ぜられた。

切迫早産(私のように頚管長が短いだけの場合)で入院するのは本人からすればほんとうに突然だ。
頭が痛いとかどこがどうだとかそんなのはなく、ただ頚管長が短いから入院ね、で点滴ブッスーってやつ。
切迫早産だと出血とか異常なお腹のはりもあるけど私は自覚症状がなくいきなり産院で言われてしかもウチで対応できないからってことで救急車で大学病院まで搬送されたのだ。

いきなりすぎて気持ちがついていかない。
ドッキリかと思った。


言ってみたら最初の一週間は寂しさや慣れない点滴で泣かされ、次の一週間は便秘で摘便までされて泣かされ、そして今やっとこなれてきて入院している素晴らしさをかみしめている。

看護師さんがみんな優しいだけで救われる。
患者さんもみんな優しいし、切迫早産での入院て長引くことが多いからいろんなことを教えてもらえたりしてる。
なんだかんだで今退院していいって言われたら渋ってしまう。

ご飯はしっかりカロリー計算してくれるし、入院してるからと言い聞かせ無駄な間食しないから程良く体型キープしているし。
経過観察も兼ねて週一でエコー見られるし(普通は8ヶ月だと2週間に一回)おちびもちゃんと管理してくれる。
体に不調が出ればすぐに相談して対応してもらえる。
ザッと書きだしただけでもメリットがこんなにある。

確かにたまに甘いものが食べたくなる。
生クリーム鬼盛りのパンケーキとか。
ラーメン二郎にも行っときゃ良かった。
あの異常な食欲があればペロッと食えたかもしれない。産まれて授乳するようになったら基本的に和食中心だしね。
二郎なんか食ったらおっぱい飲んでくれないわ乳腺炎なるわ大変そうな未来しか見えない。


ケーキ食べたい欲求はだいぶ減ったけど食べるとしたら退院後出産前の期間のみ。
食べ続けたら太りそう。臨月は体重爆増らしいけど臨月の増加は全て母親の贅肉になるらしいからおちびにはぜひ正産期入ったらすぐに産まれてきてほしい。早く会いたいし。

だから毎晩毎晩正産期になったら産まれてきてねって呟くのであった。



あともうひとつ、あんなに辛く涙した便秘が解消されている。
起き抜けの一杯、便秘体操、便秘に効くツボ押し、毎食よーく噛んで食べ、食後の酸化マグネシウムを大量の水で飲む。
こまめに水を飲み寝る前には青汁ごくごく。
消灯後はすぐに寝る。

これだけでなんとまあツルンと出るわ出るわ。
便座に座りながらニヤつくくらい快便。
生きているって素晴らしい。


みなさんもね、試してほしい。
便秘は治ります。一時は死を覚悟し摘便を体験したぼくが断言します。

今詰まっている便を浣腸か摘便で出したあと、ぜひ上記のルーチンをやってみてください。
まじでどっさりです。