読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずベッドの上を片付ける

切迫早産からの育児ブログ(に、する予定)。旦那と怒涛の三人暮らしライフ。

入院(ラブ)ストーリーは突然に 36th

なんとか35週に足を踏み入れることができた。


昨日の午前中、エコー後に頸管長も問題ないということで点滴の濃度を落としてからたいしたお腹の張りは無く。

本日で無事に35週に到達できましたおめでとうおちびちゃん。

看護師さんたちも35週を祝ってくれた。
長かったですねー、あと少しですよって。

なんて優しい白衣の天使たちよ…

私より入院が長い人は割といるから「いやーほんとに長かったっすわーまじでつれーのなんのって」みたいに言ったりしない。

たった2ヶ月ちょっとの入院でブースカ言ってたらみっともないじゃんね。


で、昨日も言われたけど退院について。
とりあえず濃度を落として様子見ましょう。
36週になったら点滴を外します。

ただ、経過が良ければ週明けに点滴を抜いてみることもできます。内服にして大丈夫そうであれば次の日退院でもいいかなー。とのこと。

話が出た時は退院が純粋に嬉しかった。
嬉しかったけど、今、だんだん不安になってきた。

おちびちゃんには37週以降で出てくるように話しかけてはいるけれど。

なんだか張りも増えてる気がする。
午前中につけるNSTではなんの反応もないから大丈夫だと思うけど。

看護師さんも36週越えれば大丈夫っていうけど、やっぱり37週以降に産みたいなあ。
ここまできて早産のレッテルを貼られるのよ。


早産でもおちびちゃんに問題が無いならいいけど、私の願いは正規産の37週~で産んで一緒に退院すること。

旦那の車で、もしくはタクシーか、もしくは実母に乗せられ帰るべき場所へおちびちゃんと共に帰る。

里帰りするかもしれないし、しないかもしれない。
わからないけど。


とりあえず来週末。早くて来週頭、長くても再来週には退院することになるだろう。

それから元の産院への入院準備したり、職場に行って用事を済ませたり、なんだかんだしてるうちに37週になっておちびちゃんが産まれて来るのだろう。

陣痛が来たら嬉しいだろうなあ。不安もあるだろうけど、ミスドとかコンビニスイーツとかアイスやジュースがやっと食べられる。

実家からはがんづきとおにぎり、地元のケーキ屋のケーキを持ってきてもらおう。楽しみが止まらないな。


あと泣いても笑っても2週間で退院する。
予定日まであと1ヶ月と少し。

元気でかわいいおちびちゃんに会えるまで、もうすぐ。
ママは頑張るよ。
おちびちゃんも37週まで、お腹で遊んでてね。
ママも、パパも、みんなおちびちゃんに会うの楽しみにしているよ。

正産期に元気に産まれておいでね。